m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

「deviceWISE」でM2M事業に参入 -CTC

「deviceWISE」でM2M事業に参入 -CTC(月刊ビジネスコミュニケーション).

伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、北米を中心にM2M(マシン・トゥ・マシン)ソリューションを展開するILS Technology LLC.(本社:米国フロリダ州/以下、ILST社)のM2Mプラットフォーム基盤技術と、CTCのシステム構築、運用ノウハウを組み合わせトータルで提供するM2Mソリューションプラットフォーム「deviceWISE」を7月18日より販売開始した。
月刊ビジネスコミュニケーション

提携先のILS Technology社のサイトによると、deviceWISEは、デバイス同士、デバイスとデータベース、デバイスとアプリケーションをセキュアに繋ぐM2Mプラットフォームです。

CTCとILS Technology社の提携ですが、このニュースリリースを見る限り、ILS社がdeviceWISEというM2Mソリューションプラットフォームを提供し、CTS社が日本国内での販売、システム構築、運用、サポートを担当するという形になっているようですね。さて、その「M2Mソリューションプラットフォーム」であるdeviceWISEとはどんなものなんでしょうか。

下記はILS Technology社から拝借してきたdeviceWISEの概念図です。
deviceWISE Framework

図の下部、赤色で表現されている部分がデバイス。「deviceWISE Framework」を挟んで上の青色で表現されているのが、エンタープライズアプリケーションになっています。センサーやRFID等で収集されたり検知された情報やデータが、一旦deviceWISE Frameworkに取り込まれ、必要な形式に加工され、最終的に上のエンタープライズミドルウェアや、社内のレガシーシステム等にデータが渡るというイメージだと理解します。

このフレームワークがあることで、従来必要だったそれぞれのデバイスに合わせたインターフェースやAPIの開発、煩雑なカスタマイズ等が不要になり、基本的に「ノープログラミング」でM2Mソリューションを利用できるようになるというもの。さらにそれをクラウドで提供することで、M2Mを利用するユーザー企業にとって導入のハードルを限りなく下げるという狙いです。

M2Mの市場は、デバイス、ネットワーク、アプリケーションサービス、プラットフォームに分類されます。中でも国内では大手SIerが軒並みM2Mプラットフォームビジネスに参入するなど、特にプラットフォームビジネスに高い注目が集まっているようです。やはりM2Mの市場においても「プラットフォーム」を制する者がそのビジネスを制するのでしょうか。この先の各社の動向に注目していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「deviceWISE」でM2M事業に参入 -CTC
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn