m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」――米HP バイスプレジデント スライター氏 | ビジネスネットワーク.jp

M2Mの実用化などで、今通信を取り巻くビジネスが大きく変わろうとしています。米HPバイスプレジデントのスライター氏によれば、「クラウド」と「ビッグデータ」が通信キャリアの収益創造の鍵を握っています。

激増するトラフィックを捌くための投資に見合った収益が上げにくくなってきている通信キャリアのビジネスに対し、3つのポイントを上げて、どう収益に結びつけていくのかというビジョンを示しています。 …続きを読む «「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」»

By

M2Mクラウド6社を比較!|ソフトバンク ビジネス+IT

M2Mクラウド6社を比較!M2Mの最新動向を理解する4つの技術的変化とマシンデータの企業活用術 競合優位性を持つエコシステムを構築する|ソフトバンク ビジネス+IT.

M2Mクラウド6社を比較とあったので期待したけど、実際はいわゆるM2Mクラウドをズバリ提供しているSIが3社(NEC、NTTD、富士通)。それに加えてアプリケーションを提供するAxeda、そしてデバイスの2社(ルートレック・ネットワークス、Digi)というラインナップである。

Axedaのアプリケーションはいいとして、ここにデバイスを入れて同じ基準で比較ってできるんだろうか?それなら、日本ではCTCが販売・サポートしている deviceWISE あたりを入れるといい比較ができると思うんだけど、どうだろう?

それはそれとして、昨今のM2Mで集められるデータの特徴についてこのように書いている。 …続きを読む «M2Mクラウド6社を比較!|ソフトバンク ビジネス+IT»

By

NEC、CEPで新技術 – ZDNet Japan

またNECからM2M絡みのニュースですよ。

NEC、CEPで新技術–複雑なルールにも対応、スケールアウトしやすく – ZDNet Japan

NECは9月19日、複合イベント処理(CEP)で新技術を開発したと発表した。人手を介さずに機器や端末同士が情報を処理するM2M(Machine to Machine)ソリューション「CONNEXIVE」の機能として2013年3月末までに提供する予定だ。
ZDNet Japan

M2Mに関してはすごい頑張ってますね、NEC。あ、m2mboxの中の人は別にNEC関係者じゃありませんよ、念のため。 …続きを読む «NEC、CEPで新技術 – ZDNet Japan»

By

M2M導入事例:テレマティクスによる車両運行状況の見える化

日本での事例です。

【インタビュー】 日本のM2M市場の展望から、手軽に使える通信ボックスまで~市場を牽引するトーメンエレクトロニクスに聞く

引用元: M2M導入事例:テレマティクスによる車両運行状況の見える化が日本テクノにもたらしたもの |ソフトバンク ビジネス+IT

やはり車両運行管理を伴うビジネスオペレーションには、テレマティクスというM2Mによって得られる効果は絶大と言えるんではないでしょうか。見える化、安全管理、業務の最適化、環境保全、そして燃料費やメンテナンス費用の削減と、経営者が飛びつきたくなるようなキーワードが目白押しですからね。 …続きを読む «M2M導入事例:テレマティクスによる車両運行状況の見える化»

By

M2Mで温暖化ガス削減 | M2M World News

M2Mを利用して温暖化ガスやオペレーションコストを大幅削減したという事例です。

M2M technology cuts firm’s CO2 emissions by 600 tonnes a year | M2M World News | Machine to Machine News.

The study, undertaken by global sustainability consultancy Environmental Resources Management (ERM), was commissioned by Vodafone, whose world-leading machine-to-machine services support TomTom Business Solutions.
M2M World News

実際M2Mってどんな役に立つの?という問いにど真ん中で答えられる事例といっていいでしょう。M2Mの中でもTelematicsに分類されるものですね。
この件の大雑把なプロファイルを以下にまとめておきます。
…続きを読む «M2Mで温暖化ガス削減 | M2M World News»