m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」――米HP バイスプレジデント スライター氏 | ビジネスネットワーク.jp

M2Mの実用化などで、今通信を取り巻くビジネスが大きく変わろうとしています。米HPバイスプレジデントのスライター氏によれば、「クラウド」と「ビッグデータ」が通信キャリアの収益創造の鍵を握っています。

激増するトラフィックを捌くための投資に見合った収益が上げにくくなってきている通信キャリアのビジネスに対し、3つのポイントを上げて、どう収益に結びつけていくのかというビジョンを示しています。

1番目は、この市場の変化は覆せないということを受け入れて、自らのビジネスを積極的に変えていく必要があるということです。

2番目は、インターネットの世界で成立してきた新しいエコシステムに積極的に参加し、その中で確固たる地位を築くことです。特に通信キャリアは、自ら通信ネットワークを持ち、多くの顧客を擁しているという大きな強みがあります。これを生かしていくことが重要です。

そして3番目は、新しい領域に踏み込むにあたって、信頼できるIT分野のパートナーを得ることです。
ビジネスネットワーク.jp

通信キャリアとの関係においてHP社は以下の4つの分野に投資を集中させているそうです。
「クラウド」
「ビッグデータ」
「M2M」
「OSS-T (Operation Support Systems Transformation)」

中でも「クラウド」分野へのフォーカスが大きいような印象をこの記事からは受けます。
例えば「SLAマネージャー」というソリューションがありますが、これはアプリケーションに応じて通信回線の品質(Service Level Agreement)を動的に変更して、通信キャリアは全体として高品質なサービスを提供できる、というもの。このあたりはちょっと面白いなぁと思います。

残念ながらM2Mに関する記述はこの記事にはありませんでしたが、M2M、ビッグデータ、クラウドという切っても切れないテクノロジーに対するHPなりの解を持っているというのは、大きなアドバンテージかなと思います。

HPの動向も引き続き注視したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です