m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

Vodafone uses M2M to find parking spots | ITworld

ちょっと古いニュースになってしまいましたが、ボーダフォン社がM2Mを応用して街中で駐車場を簡単に見つける、MyPark Space というサービスを始めたというニュースです。

引用元: Vodafone uses M2M to find parking spots | ITworld.

もちろん都市やその国の事情等によってその数字は異なると思いますが、記事によると街中で起きている渋滞の40%は、ドライバーが駐車場を探すのにグルグル辺りをうろつかなければいけないことから発生しているそうです。

実際にどのような仕組みになっているかというと、駐車場自体がセンサーやネットワーク機能を持ち、そのデータをクラウドに上げます。そしてドライバーが持つスマホ用のアプリで空きスペースを検索できるという仕掛け。無事停めたら、アプリで支払いも済ませることができるそうです。またアプリは駐車したロケーションを保存しておくことができるため、自分がどこに停めたか忘れてあっちウロウロこっちウロウロすることも無くなりそうですね。

また記事中では、クルマのリモート監視も有望な市場だと伝えています。クルマの状態が常時しっかりとモニタリングできるようになり、適切なメンテナンスを適切なタイミングでできるようになれば、あの面倒な車検も不要になりそうですね。まぁ、車検を無くすには他にも変えなきゃいけない慣習(税収、既得権益など)がありますから、技術的には十分可能ですが、日本でこれが実現するのはまだまだ先のことになりそうですね。

最後はM2Mパーキングから少し脱線しましたが、本日は以上。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Vodafone uses M2M to find parking spots | ITworld
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です