m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

CeBIT 2014: 英国首相がM2M投資を倍に | TelecomEngine.com

先週ドイツで開催されたCeBITで、英国首相のDavid Cameron氏が、M2Mへの投資を加速させると表明しました。投資先は主に省エネ分野とのことです。

BBCニュースによるとその内容は以下の様なもの。
「IoT(モノのインターネット)には非常に大きな可能性を見出している。生産性の向上、健康の向上、効率的な輸送、省エネ、そして気候変動への対処などに大きな効果が期待できる」

CeBIT 2014: Cameron to double UK funding for M2M | TelecomEngine.com.

中でもスマートメータに大きな期待を寄せているようで、これによって消費者は通信技術を活用した「ベストディール」を手にすることができると。

これ、英国がM2Mへの投資を倍にするとか、スマートメーターに特に力を入れるとか、そういうことよりも、国のトップがM2Mへ力を入れることに対して言及しているというのが、重要な点なんじゃないかと思います。

日本の首相の口から、「M2Mへの投資を活発にする」みたいな言葉が聞けるとは思えませんよね。

IT投資に関してリーダーシップを取るのは、日本企業においてはCIO(Cief Information Officer)であるケースが最も多いのに対して、日本以外では、CEOが旗振り役をするケースが最も多いというデータがあります。

IT投資をどれほど重視しているかがここからも見て取れます。そしてその結果が、今の日本の現状なのではないでしょうか。グローバル競争から周回遅れになってしまっている日本。これからはトップが戦略的なIT投資をしっかりとリードしなければいけないんじゃないでしょうかね。

英国首相のM2Mへの言及はこれを改めて知らしめる、いい教訓なんじゃないかなぁと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CeBIT 2014: 英国首相がM2M投資を倍に | TelecomEngine.com
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です