m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan

近頃は農業の分野でもM2Mを活用する事例が増えてきています。いわゆるスマート農業とか、スマートアグリなどと言われる事が多いかと思います。そのターゲットは例えば農機の遠隔監視もあれば、土壌の監視、ビニールハウスの温度監視、収穫物の栄養素のチェック等々多岐に渡ります。

あまりIT化とは縁の無さそうな、アナログな印象のある農業分野ですが、よく考えてみるとこの分野こそIT化が必要な分野なのかもしれません。
今農業が直面している問題としては

  • 高齢化による就農人口の減少
  • 肥料による環境汚染
  • こういった問題を解くには、IT、中でもM2Mというのは最適かもしれません。
    今日紹介するのは、問題山積の農業をICTを活用して解決しようとする、ルートレック・ネットワークス社のソリューション。

    ITやM2M、クラウドで農業を変革–ルートレック・ネットワークスの挑戦 – CNET Japan.

    詳細は上記の記事や、ルートレック社のHPをご覧頂くとして、僕が個人的に膝をはたと打ったのはこの点です。

    農業をやってらっしゃる方は、“見える化”を望んでいるのではなく、見えることによって、その次のアクションを望んでいる。

    これは「農業」に限らず、あらゆる分野にも言えることなのではないでしょうか。
    製造業でも、データが見える化されることで、ひょっとするとこれまでそれ程気にしなくて良かった点まで気にしなくちゃいけなくなるかもしれない。すると余計な(少なくとも実オペレーションを担当する側にとってみれば)仕事が増えるかもしれない。

    「見える化」=「良いこと」とは必ずしも言えないかもしれない。

    見える化が良いと言えるためには、いや少なくともあらゆる人にとって見える化が歓迎されるためには、この記事にもあるように、次のアクションの定義までをする必要があるというのは、確かにその通りなんだろうなと思います。もし可能であれば、次のアクションまで自動化できれば、尚良しです。

    これは自分に対する反省でもあるんですが、これまで僕は「可視化」即ち無条件で良いことと説いて回っていました。見える化できれば事業は効率化しますと。いや必ずしもそうではないんですね。見える化することで、現場はひょっとすると余計面倒くさくなるかもしれない。しかもこれまでそこそこうまく回っていたような現場なら尚更です。

    見える化+次のアクション

    しっかり心に刻みたいと思います。
    ルートレック・ネットワークス社さんの農業M2Mソリューションからはちょっと外れてしまいました。今後は日本のみならず、世界中で農業分野でのM2Mの活用は広がっていくものと思われます。この分野も要注目です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Share on LinkedIn

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です