m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan

ドコモから eSIM 商用化のニュースです。

ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan.

まずそもそも eSIM (Embedded SIM) とは何ぞやというところから簡単に説明しておきます。
GSMA (GSMアソシエーション)という業界団体が策定しようとしている規格で、ざっくり言うと OTA (Over The Air) でSIMカードに通信事業者のIDを書き込むことができるというものです。つまり製造段階でSIMを挿入してもそのSIMはまだどこの回線を掴むのか決まっておらず、利用される段階になってから現地の通信事業者のプロファイルを、遠隔地から書き込めるというもの。

別の言い方をすると、これまでは自分が選んだキャリアしか使えなかったのが、状況や地域に応じて、最も利便性の高いキャリアを選択できるようになるわけです。

M2Mにおいては、通常の携帯電話と違ってグローバルが前提になることが非常に多いので、この規格はかなり重要と言えます。しかしeSIM がメジャーになるとモバイル通信業界の主要なプレイヤーが変わってしまいますので、実現にはまだ大きな壁が立ちはだかっているのではないかなと思います。

つまりこういうことです。これまでは、当然のように通信事業者(MNO)がM2M用のSIMを供給するメインプレイヤーでした。MNOがSIMベンダーからSIMを調達して、自社のプロファイルを書き込み、それをお客様に供給するという流れが確立されていたわけです。つまりMNOは自社の回線しか使えないようにしっかりと囲い込みができていたわけです。ところが eSIM が完全に標準化されると、どのMNOを利用するかの選択肢は完全にお客様に委ねられるわけです。

これまでは、
SIMベンダー → MNO → お客様 という商流だったのが、
SIMベンダー → お客様

という商流に変わりうるということを意味しますし、これは現実に自動車向けの通信などでは既に起きつつある事だったりします。MNOがコントロールできていた部分がお客様に移行するという、大きな大きなシフトが起きるわけです。当然MNO間の調整は一筋縄では行かないものと思われます。

特に、ボーダフォンなどのように、世界中に自社・パートナーのフットプリントを持つような企業にとっては、これまで自社の強みとして持っていたグローバルカバレッジというものが、eSIM によって打撃を受けることになるのではないでしょうか。

逆にドコモがこれをやる理由は明快です。ドコモのフットプリントはほぼ日本だけですから(コネクサス・アライアンスもありますが、影響は小さいです)、eSIM をしっかり商用化することで、自社のお客様をしっかり繋ぎ止める役割としては、eSIM は大きな効果を発揮するでしょう。

しかしこのニュースで注意が必要なのは、最後の段落にある「eSIMで利用できる海外通信事業者の回線については、今後海外通信事業者との間で協議を進めていくとしている。」でしょう。これまでことごとく海外進出に失敗してきているドコモが、果たしてどこまで海外事業者とうまく協議を進めていけるのか。まずは特定の国のみで一部利用可能になって、全世界をカバーするにはあと少なくとも数年は必要になるだろうと、私は見ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です