m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

M2MはIoTの夢を見る(2/2)

前編をお読みでない方は、先にこちらをどうぞ。

「どうした?何かあったか?」
「いや、大したことじゃないよ。ちょっと疲れてるのかな、最近」
「何だよ水臭いな。言ってみろよ。俺だって伊達にこの道切り開いてきたわけじゃないぜ」
「うん。そうだよな。M2Mはすごいよ」
「バカ何言ってんだよ。俺なんて機械のデータをあっちからこっちへ運ぶだけで、お前みたいにソーシャル…」
「そうじゃねぇんだよ!お前がいなきゃ俺なんて何もできねぇんだよ!ソーシャルで豊かな生活?IoTで全てが変わった?はっ!バカ言ってんじゃないよ。もう沢山だよ!Bluetoothで客の動線をつかんでマーケティング?ZigBeeでデータ集めてインテリジェントだ?IoTでビッグデータでマネタイズ?俺一人で何ができるってんだよ!」

「お、おいIoT…」

「そんなのただの上っ面だよ!お前がいない世界なんてPANだPAN。分かるだろ?Private Area Networkだよ!そっから先はどうすんだ?世界中に散らばるデータをセキュアに送信してビッグデータ化してそこからインテリジェントなソリューションを生み出す。これができなきゃ意味ないんだよ!ボトムトゥートップで全部ひっくるめて全部大事なんだよ!IoT IoTうるせーよ!世界中どこからでもセキュアにデータ収集できて、しかもその接続のコントロールがしっかりできて初めてIoTが活きるんだよ!世の中何にも分かっちゃいない。お前がいるから俺がいられるんだ!」

「あ、IoT……」

「誰ガデー!何ツコテモ オンナジオンナジやオモデェー! ンァッ!コノ世界!ィヒイヒイヒンッハァアン!コノゼガイヲ……ウッ……ガエタイィ!!」

「あ、IoT……!?」

「ゴメン、ちょっと取り乱しちゃったな」
「いや、いいんだ」

「猫も杓子もIoTって言い始めてさ。右を見ても左を見てもIoT。そりゃ俺も、最初は気分良かったけどね。だけどみんな大事な部分を見落としてる。ソーシャルマシンだ何だって、それは単なる結果に過ぎないんだ。もちろん技術の発展と共に、その技術そのものよりも、その技術の上で営まれる活動や文化に焦点が当たるのは当然のことさ。インターネットがそうだったようにね。誰もインターネットの要素技術なんて知りやしない。だけど忘れちゃいけないのは、IoTにもインターネットにも、それを支える、絶対に無くてはならない要素技術があるってことなんだ。」

「IoT……」

「それがお前なんだ、M2M。何にも知らない世間はお前のことを古臭いだ、時代遅れだ、そんなのあったなぁ、なんて懐かしそうに言ってるのは知ってるさ。けどそんな奴らには勝手に言わせとけばいいんだ!そんなバカ共ニハイッジョウカカッテモワカラナイデショウネェ!!!」

「IoT…、大丈夫か…?」

「俺にはお前が必要なんだ、M2M!」
「……あ、ありがとう、IoT!」

2人はしっかりと、固い握手を交わした。M2Mの目には涙が浮かんでいたけれど、枕を濡らした涙とは違った色だ。誰にも負けない自信とプライドに満ちた、いぶし銀の輝きを放っていた。

 

 

数カ月後。某オフィスにて。
「部長。IoTとかソーシャルマシンとか言いますけど、結局鍵は要素技術の集まりのM2Mですよね~」

「そうだな。時代は変わっても、変わらないものもあるってことだな」

おわり
ちょっとネタに困ってしまったので、僕の妄想をそのまま文章に起こしました。あくまで妄想ですので、登場する人物やセリフはあくまで架空のものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - M2MはIoTの夢を見る(2/2)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です