m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

インテルと三菱電機が次世代FA分野で協業 | M2M World News

IoTとビッグデータを活用した次世代FAシステム構築で、インテルと三菱電機が協業するというニュースです。三菱電機のIoTソリューションが、まずマレーシアのインテルの製造施設にてパイロット導入されました。これにより、設備の稼働時間や生産性の向上、予防保全により故障を未然に防ぐ事などで、約9億円のコスト削減効果が得られたということです。

引用元: Intel and Mitsubishi Electric Collaborate to Create Next-Generation Factory Automation Systems | M2M World News.

これはインテル社のIoTソリューション構築の経験と、三菱電機の「e-F@ctory」という生産の最適化ソリューションのコラボレーションで実現されています。

具体的には、三菱電機が提供する iQ Platform上で、インテルは情報をセキュアに収集したり統合したりして、ビッグデータ分析を実現しています。また情報を収集するためのゲートウェイ(三菱電機製)には、インテルのAtomベースのプロセッサが搭載されています。

今回の協業パイロットの成功で、両社はこのソリューションを他の製造業者にまで広げ、製造業全体の生産性の向上やメンテナンスの最適化などを狙っているとのこと。

商用運用開始は2015年を予定。また本ソリューションは2014年10月15 – 17日に東京ビッグサイトで開催されるイベントにて、インテルブースでデモを行う予定だそうです。

———-
汎用的なM2M/IoTプラットフォームを狙っていると言っていいと思いますが、いよいよプレイヤーが揃ってきた印象です。遠隔監視などのプラットフォームは比較的多いですが、ファクトリーオートメーションという切り口からのIoTプラットフォームというのは、さすが三菱電機という印象。

既にインテルの製造ラインで実績が出ているところもまた、導入の後押しになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - インテルと三菱電機が次世代FA分野で協業 | M2M World News
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です