m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース

農業&遠隔監視。

そろそろイチゴが店頭に並ぶ季節になってきました。
イチゴは熟してから収穫され出荷されるため、収穫時期と出荷時期がほぼ同じだそうです。クリスマスケーキなんかの需要が多いためか、店頭に並ぶのは冬というイメージがありますが、本来の旬は春先くらいだそうですよ。

日本には「あまおう」とか「とちおとめ」などの有名なブランドイチゴが多くあります。そんな栽培ノウハウを活かし商品価値の高いイチゴを海外でも作ろうという狙いです。

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース.

これ、M2Mかと思ったんですがよく読んでみると、現地の作業員がセンサーデータや作業記録などをタブレットに保存して、ネット環境が使えるところに来たらまとめてデータを送るというオペレーションをしているようです。

集めるデータは、センサーで取得しているデータが中心なので自動収集できると思うんですが、これは人件費と装置費用の比較で、装置費用の方が高くついたという事なんでしょうか?ここが若干気になる点です。機会があれば確認してみたいと思います。

自給率8割強のイチゴですが、ブランドイチゴは結構お高かったりしますから、こういうプロセスを導入することで付加価値の高いイチゴも安く手に入るようになるといいですね。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です