m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

レノボもウェアラブル参入…スマートバンド発売へ : ギズモード・ジャパン

ちょっとM2Mっぽくありませんが、今日はウェアラブルの話。

私も常に手首に活動量計(Misfit Shine)を装着しています。寝るときも水泳するときもつけっぱなしで、日々の運動量や睡眠のトラッキングをしています。

サムスン、LG、ソニーetc etc、今やいろんなメーカーから様々なウェアラブルが出ていますが、ついにあのPCメーカーのレノボがこの分野に参入だそうです。その名も「Lenovo Smartband SW-B100」といいます。

レノボもウェアラブル参入…スマートバンド発売へ : ギズモード・ジャパン.

残念ながらレノボのサイトから直接この製品の有無を確認することはできませんでしたが、デバイスメーカーの次の狙いは、やはりいかにユーザーの手首周りを抑えるかですね。

ギズモードによると、機能的には特に目新しいものなどはなさそうです。ただ他のウェアラブルとちょっと違うのは、パソコンと連動してPCへ自動ログインを実現させているなど、PCとの連携が強く意識されていそうな点でしょうか。

しかし今のところ他のウェアラブルとの差異化がうまくされているようには見えません。結局中華メーカーにありがちな価格勝負に出てくるのでは?とすら思わせます。

ウェアラブルはIoTのキーファクターの一つであることは間違いありません。以前から主張しているように、セキュリティとプラットフォームが普及の鍵になるのはここでも同じだと思います。レノボ製ということで、果たしてセキュリティ大丈夫なのか?という懸念はあります。

そしてプラットフォームにしても、レノボがアプリの流通などを含めたエコシステム全体の構築ができるかと言うと、ん~どうでしょう。

結局このままだと「その他大勢のウェアラブル」「あー、レノボも出してたかもね」で終わる予感がたっぷりします。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レノボもウェアラブル参入…スマートバンド発売へ : ギズモード・ジャパン
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です