m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

Sierra WirelessがスウェーデンのMaingateを買収 | PCWorld

通信デバイス大手Sierra Wireless社がスウェーデンのMaingate社を買収して、より簡単な接続およびデバイス管理用のプラットフォームを充実させると発表。

Simpler M2M connectivity promised as Sierra Wireless buys Swedish company | PCWorld.

以前、本ブログエントリー「Sierra と Octo Telematics がUBIで協業」でもご紹介しましたが、Sierra Wirelessがまた自社のM2Mにおけるケイパビリティを拡充する方向で仕掛けています。 …続きを読む «Sierra WirelessがスウェーデンのMaingateを買収 | PCWorld»

By

M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。いつもM2M講座をご覧いただいていましてどうもありがとうございます。

みなさんにとって2014年はどのような年でしたでしょうか。

今回は、M2M Masterから見たM2M業界の10大ニュースを記載したいと思います。日本国内のニュースから5件と海外からのニュース5件で合わせて10件になっています。

まずは国内の5件から。今年は国内のM2M業界にとって、大きな発展を遂げた年だと思っています。そこから厳選しました5件のニュースをご覧ください。


[国内の動向から]
1. M2M市場がついに「立ち上がる」、商談は活況、展示会やセミナーも大盛況
日本のM2Mの業界において、2014年は大きな飛躍の年となったと言える。これまで10年以上の間、「もうすぐM2Mの時代がやってくる」と言われ続けてきたが、これまではその期待に応えるほどの飛躍的な普及の拡大は実現してこなかった。しかし2014年こそがその飛躍の年の始まりであると思われる。実はこの動きは海外では2011年ころから起こっていて、日本では3年遅れで波及してきたというのが実状である。
これは2013年後半から見られた傾向であるがM2Mの商談の数が非常に増えてきた。それだけM2Mの導入を検討している企業が増えているのである。
…続きを読む «M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース»

By

M2M講座 第6回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(3)

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。
前回から少し時間が空いてしまいました。前回はコラムということでちょっと本筋から外れた文章を書きましたが、今回は元に戻ってM2M業界の発展の歴史の解説を行ないたいと思います。

前回の講座はこちらになります。
また、M2M講座の目次はこちらになります。


5. 大手ITベンダーがM2Mのシステムインテグレーションに参入

私が国内キャリアのM2Mサービス企画部門にて働きだして、だいたいM2Mのサプライチェーンの構造がわかってきた2007~2008年においては、まだM2Mのシステムインテグレーションを手がける企業の姿が明確化されてはいませんでした。

そのころの状況は、以下のような状況でした。

安川情報システムやサンデン、村田機械などという会社はM2M業界ではよく知られた会社であり、またそれらは会社そのものの業態としてはシステムインテグレータと言える企業でした。しかしそれらの会社は、どちらかというと端末装置のメーカとして知られていて、サーバ側のアプリケーションから通信サービス、通信端末をトータルソリューションとして提供するというアピールはその時点ではあまりなかったと記憶しています。

またユーピーアールは、サーバアプリと通信端末で構成されるソリューションがソフトバンクモバイルのホームページで紹介されるという状況になっていて、これはこの組み合わせでトータルソリューションとして機能するという意味で先駆的な取り組みだったといえるでしょう。

…続きを読む «M2M講座 第6回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(3)»

By

豪Telestra が テスラ向けの回線を提供 – Computerworld

テスラモーターズ、ご存知ですよね。
ペイパルマフィアとも呼ばれている、ペイパル創業者の一人、イーロン・マスク氏が立ち上げた会社ですね。モデルSという型の電気自動車が日本でも発売されています。

実は私、数カ月前にそのモデルSに乗せていただく幸運に恵まれまして、その走りを少しだけ体験しました。とにかく静かで加速が凄かったです。何より目を引いたのは、通常ナビとかエアコンのコントロール用のスイッチ類が並んでいるところに鎮座している、バカでかいモニター。本来あるべきスイッチとかダイヤルとかがモニターに変わるだけで、未来感が一気に増幅します。ここに走行データやら地図やら、様々な情報が表示されたりするわけです。

そんなテスラですが、日本ではナビとかインフォテインメントなどを実現するためのコネクティビティ・パートナーとして、ドコモを使っています。そしてこのニュースによると、オーストラリアにおいては、ナショナルキャリアであるTelestra社を採用したとのことです。

Telstra, Tesla sign M2M deal for Model S electric car – Computerworld. …続きを読む «豪Telestra が テスラ向けの回線を提供 – Computerworld»

By

m2mbox的2014年10大ニュース

今年も残すところあと僅かになりました。
そこで2014年を振り返って、m2mbox的に「これは!」と思ったニュースや出来事を振り返ってみたいと思います。このサイトで取り上げたニュースから10個選んでいますので、やはりというか、結構偏りはあります。プラットフォームネタが多いなぁ。

古い順にピックアップしています。 …続きを読む «m2mbox的2014年10大ニュース»