m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

ニュースダイジェスト

ちょっと気になるニュースがいくつかあったので、まとめてご紹介します。

  • 国交省 車のビッグデータ活用へ」(NHK News Web)
  • ⇢修理や事故データを収集して中古車市場を活性化するべく、トレーサビリティーサービスの導入に向けた試験的な取り組みを実施すべきと提言。それに加えて、運転データを活用するUBIを導入することで交通事故の減少に繋がるか検証すべきとの意見も出ているようです。M2M的にはUBIに期待ですね。

  • 情報処理学会、ビッグデータとIoTの国際標準化活動を開始」(ITPro)
  • …続きを読む «ニュースダイジェスト»

    By

    産業用IoT、2030年までにGDPを110兆円押し上げ | 日経産業新聞

    本日付の新聞紙面で拾った記事ですので、リンクございませんがご容赦を。

    アクセンチュアによると、日本において産業用IoTは国内総生産を2030年までに累積で約113兆円押し上げるだろうと予測されました。

    15年で113兆円ですから、平均すると年間約7.5兆円の増加ということになります。 …続きを読む «産業用IoT、2030年までにGDPを110兆円押し上げ | 日経産業新聞»

    By

    M2M講座 第7回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(4)

    M2M講座 第7回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(4)
    みなさん、こんにちは。M2M Masterです。
    年明け一回目の連載をアップいたします。今年もよろしくお願いします。

    前回の講座はこちらになります。
    また、M2M講座の目次はこちらになります。

     

    6. 海外プライヤの参入

    M2Mにおいて、ビジネスをドライブする存在が、通信キャリアからシステムインテグレータに移行していっていることは、前回の講座で解説しました。その変化が起こった要因として、M2Mを構成する各要素において、選択肢が増えたことがあります。そして選択肢が増えたのは海外のサプライヤが日本に上陸したことが大きなきっかけとなりました。今回は、M2Mを構成する各要素に関して、どのような海外ベンダーがどのような時期に日本に参入してきたかを記載したいと考えます。 …続きを読む «M2M講座 第7回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(4)»

    By

    グーグル、次の野望は「携帯キャリア事業」? : ギズモード・ジャパン

    Googleがモバイルキャリア業に参入?

    米国でスプリントやT-mobileなどの回線を借りてMVNO的なサービスを提供することになるそうです。

    グーグル、次の野望は「携帯キャリア事業」? : ギズモード・ジャパン.

    これ、本当の狙いは何でしょうね?
    IoTの観点で言うと、現在の携帯キャリアのM2M向け通信費用って、ほとんどが従量課金制です。しかも、通常のデータプランなどと比べるとかなり割高に感じる価格設定です。

    この割高なM2M通信費用を正しく軌道修正してくれるのは、MVNOだろうと私は常々思っています。例えばMVNOがキャリアからバルクで帯域を買ってきて、それをエンドユーザーに定額で提供するとか。こんな当たり前のことがM2Mではまだできていません。Googleのこの動きはそこに風穴を開けてくれるんじゃないかなぁと、勝手に期待しています。

    そうなると、益々キャリアが直接ユーザーと契約するという商流は薄れそうですね。キャリアが生き残るには、土管に徹するかあるいは、バリューチェーンをソリューション側にどんどん広げるかのどちらかになるでしょうが、恐らく前者になるだろうと思います。

    Googleが全部持って行っちゃいそうですね、ほんとに。

    ではまた。

    By

    ウェアラブルが本格普及するにはあと5年ほど必要

    近頃は猫も杓子もウェアラブルです。
    かく言う私も、Misfit Wearable から出ている Shine という、睡眠と運動のトラッキングデバイスを右手首に常に着けています。

    しかし個人的には、いわゆる巷で言うウェアラブルデバイスって中々定着しないんじゃないかなぁと思っています。

    多分ですけど、人って「属性」みたいなものが重要で。属性って何かというと、例えばパソコンに向かって何か見たり打ち込んだりすること(仕事とかネットサーフィン)、健康のために泳ぐこと、同じく走ること、ケータイを耳にかざして電話すること、とか。それぞれにおいて、今自分は◯◯をしているんだという、タグ付けみたいなものだと思って下さい。そういう属性を外に向かって無意識に発露しています。周りの人も、ある意味共通化された属性のアイコンを見て、あぁあの人は今◯◯をしているのだなと認識します。そういう社会のコンセンサスみたいなのがあります。 …続きを読む «ウェアラブルが本格普及するにはあと5年ほど必要»