m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

産業用IoT、2030年までにGDPを110兆円押し上げ | 日経産業新聞

本日付の新聞紙面で拾った記事ですので、リンクございませんがご容赦を。

アクセンチュアによると、日本において産業用IoTは国内総生産を2030年までに累積で約113兆円押し上げるだろうと予測されました。

15年で113兆円ですから、平均すると年間約7.5兆円の増加ということになります。

1月19日の本ブログエントリーにて、「96%がIoT受け入れ準備OK – Trends & Ideas – BizReport」という記事をご紹介しました。

これによると、回答者の約75%がIoTに対して何らかの受け入れ体制を構築済みとなっています。

しかしアクセンチュアによる、世界1400名以上の経営幹部への調査によると、実に73%が産業用IoTの具体的な計画を作成していなかったそうです。また、IoTが新たな収益機会を創出することに57%が期待しているにもかかわらず、実際に収益を上げられるとしているのは13%にとどまるそうです。

調査対象の企業や業界などによってIoTへの準備体制にバラつきああるのは当然だと思いますが、方や75%が準備OK、方や73%が計画すら作成していないというのは、ある意味興味深いです。

ただ現時点でそのような状態であっても、この15年で相当GDPを押し上げるというのは、やはりIoTへの期待の大きさとポテンシャルをひしひしと感じます。

簡単ですが、以上。
ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 産業用IoT、2030年までにGDPを110兆円押し上げ | 日経産業新聞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です