m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

普及元年なるか、インターネットオブシングス団体設立へ – slashdot

この動きは見逃せません。

普及元年なるか、「インターネット・オブ・シングス」団体設立へ

酉川布団などからなる寝具関連企業が「インターネット・オブ・シングス」を提唱し、コンソーシアムを立ち上げて統一的にアピールすることとなった。一度そろえると買い替え需要の少ない寝具に対してIoT化という新たな付加価値を提案するもので、インターネット・オブ・シングスの活用により睡眠に適した環境の構築、死活管理、睡眠中のいびき・無呼吸症候群などの検知及び改善により、良い睡眠をとることで効率的な体力・気力の回復を図ることを設立趣旨としている。

ヘルスケアとIoTの相性はすこぶるいいようです。例えば血圧計。測った血圧をその場ですぐにクラウドに保存して、病院で医師の診断を受ける際にそのデータを医師が参照し、血圧の推移を見るなど、既に現実的に利用されているサービスなどもあります。

そこで、この「インターネット・オブ・寝具ス」。眠れる布団メーカーがいよいよ本気を出したようです。

睡眠時無呼吸症候群の遠隔監視や、適切な睡眠のアドバイスが可能になるなど、使い方は無限大です。

将来的には恐らく夢の遠隔モニタリングや、見たい夢のシナリオレンタルサービスなども、このIoTプラットフォームを使って実現されるものとm2mboxは夢想します。

ではまた。

#Aprilfool

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 普及元年なるか、インターネットオブシングス団体設立へ – slashdot
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です