m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

日立情報通信エンジニアリング/大型飲食チェーン店向けにIoT・M2M情報収集ソリューションによる冷蔵庫温度管理サービスを提供開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 

最近は国内ニュースがずいぶん多くなってきたなぁという印象を受けます。
それだけM2M/IoTが本格的に受け入れられてきているということなんでしょうね。

今日は飲食チェーン向けのIoTニュースリリース。

情報源: 日立情報通信エンジニアリング/大型飲食チェーン店向けにIoT・M2M情報収集ソリューションによる冷蔵庫温度管理サービスを提供開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 

日立情報通信エンジニアリング社が、大型飲食チェーン向けに、冷蔵庫の温度管理サービスを提供開始しました。
業務用冷蔵庫といえば、ペンギンのマークのあれがかなりのシェアを占めていると思いますが、ここを監視する場合アプローチの方法は大きく分けて2つあります。一つは本ニュースリリースのように、冷蔵庫の「利用者」に対するアプローチ。そしてもう一つはペンギンマークとかの「冷蔵庫ベンダー」にこういうソリューションを提案するアプローチです。 …続きを読む «日立情報通信エンジニアリング/大型飲食チェーン店向けにIoT・M2M情報収集ソリューションによる冷蔵庫温度管理サービスを提供開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 »

By

ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞

日経新聞8月21日付の記事ですので、ちょっと紹介するタイミングが遅くなってしまいました。

工作機械大手のファナックが、機械学習やディープラーニングなどを中心とした技術開発に強みを持つ Preferred Networks 社に9億円の出資を決めました。

ソース: ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞

詳しくはファナックからのニュースリリースを御覧下さい。
ファナック株式会社および株式会社 Preferred Networks の資本提携に関するお知らせ …続きを読む «ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞»

By

ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT – 日本経済新聞

IoTやM2Mが有効な業界として真っ先に思い浮かぶのは、やはり製造業でしょうか。モノの可視化をすることでメンテナンスの効率化や、顧客との関係強化によって新たな販売機会を創造するなどというのが、典型的な利用方法でしょうか。

そのIoTがサービス業にも徐々に広がってきています、というのが本日の記事。

情報源: ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT

ディズニーワールドのIoTに関しては以前に少しご紹介しましたね。→こちら←です。マジックバンドと呼ばれるリストバンドを装着して、乗り物やレストランの待ち時間を短縮したり、あるいはディズニーホテルの鍵や迷子のトラッキング、おみやげの買い物にまで利用しようといったコンセプトでした。 …続きを読む «ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT – 日本経済新聞»

By

検針 遠隔地から一括指導 – 日経産業新聞 8月25日付け

また日経産業新聞紙面から。

本日付の日経産業新聞6面、「デジタルBiz&Tech」に興味深い記事を見つけました。

ウェアラブルを活用して水道やガスメーターの検診業務を効率的に請け負うという作業を、三井物産グループであるアイヴィジット社が始めたとのこと。

メーターの検針作業の効率化という命題をIoT的に解いた時の模範解答は、スマートメーターの採用ということで異論は無いと思います。人がいちいち見て回らなくていいですし、もっと踏み込めば各家庭ごとの電気の使用を細かく制御できたりするわけで、スマートシティ化に不可欠なテクノロジーと言っても過言ではないかもしれません。

一方、この新聞記事のニュースでは、メガネ型端末のウェアラブルというIoT的機器を導入して、それを検針員に装着し、ウェアラブルの通信機能を活用して熟練した指導員が遠隔地から複数の現場の社員を効率的に指導するという、なかなか面白い使い方を紹介しています。 …続きを読む «検針 遠隔地から一括指導 – 日経産業新聞 8月25日付け»

By

エブリセンスからIoTお試しキット – 2015年8月24日付《日経産業新聞》

ちょっとご無沙汰しておりました。長めの夏休みで完全に呆けていました。緩みきった気持ちは徐々に社会に適合させていこうと思います。徐々に、です。あと1週間くらいかかるかな。

さて、本日8月24日付けの日経産業新聞、9面(フロンティアビジネス)から。

・IoTお試しキット 米エブリセンス、手のひら大センサー

情報源: 2015年8月24日付 《日経産業新聞》

以前このブログでもご紹介したエブリセンス社(ブログ記事:IoTデータの取引所)が、「IoTお試しキット」として手のひら大のセンサーキットをリリースしました。

様々な用途に使えるように各種センサーをブロック化して、レゴのように組み替えてセンシングデータの取得ができるようになっています。 …続きを読む «エブリセンスからIoTお試しキット – 2015年8月24日付《日経産業新聞》»