m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

第一回IoT/M2M展@幕張メッセ

幕張メッセで開催された、IoT/M2M展に行ってきました。

幕張、遠い。
東京目線ですみませんが、遠いです。ディズニーランドからさらにまだ行かなきゃいけない。小旅行でした。

そんな小旅行の末にあったのは、IoTの今でした。旬のIoT。今日はちょっとそのレポートをしてみたいと思います。先日お伝えしたように、IoTの括りでは77社も出展しているそうなので、全てを回れるわけもないんですが、大体ざっと全体を回ってまいりました。その印象から。

とにかく凄い人出でした。驚きました。幕張メッセでしかも初日なので、それほど人は多くないだろうと高をくくっていましたが甘かったです。初日の様子は<ここから>見ることができます。人人人です。

肝心の展示の中身ですが、やっぱりハードウェア多いですね。M2Mゲートウェイとかセンサーとか。百花繚乱といったところです。傾向としては、単にセンサーデータを集約してインターネットとかセルラー回線を使ってデータを上に上げるだけというよりも、もう少しインテリジェンスをエッジ側に持たせて、上に上げるデータは少なくするという方向ですね。インテリジェンスの分散化がトレンドですね。

上位の方も、なかなかアツイ状況でした。いわゆるM2Mプラットフォームというか、データアグリゲーションをするプラットフォームも数多く展示されていました。少し前までこのレイヤーはそんなに多くなかったと思うんですがね。やはりM2M/IoTにおいてはデータとデバイス管理のプラットフォームは非常に重要な位置を占めると思います。

携帯通信キャリアは出展していませんでしたね。ドコモ、ソフトバンク、KDDI、いずれもブースは出していませんでした。これは一体何を意味しているんでしょうか。私は常々、IoTにおいては「通信の見えない化」が進むと主張しているんですが、そうなのか?MVNOとかは出展してましたが。

あぁそうそう、ソフトバンクがJasperのブースにいましたね。ソフトバンク単独ではなくてJasperブースに。うん、なるほど。Jasper、言わずと知れた通信管理プラットフォームです。かなりのモバイルキャリアが利用しています。日本ではドコモとソフトバンク。KDDIはいつJasperの軍門に下るんでしょうか。パートナーを組んでいるTelenorがJasper採用した以上、遅かれ早かれJasperになるんでしょうね、きっと。通信管理用プラットフォームのプレイヤーも一度どこかでまとめておきたいと思います。

とにかく様々なIoTが展示されていました。これじゃ、これからIoT導入してみようかなっていう人は何をどうやって選べばいいのかさっぱり分からないだろうな。その辺りの交通整理というか情報整理、コンサルティングなんかに商機、勝機があるかもしれない。

同時開催でセキュリティEXPOとかもやっているんですが、そっちは「マイナンバー」一色でした。安全なマイナンバー運用ソリューションとか、そういうの。皆さん動きが早いですね、ほんと。

金曜までやってます。事前登録で入場無料になります。是非IoTの今を感じに行ってみて下さい。
ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第一回IoT/M2M展@幕張メッセ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です