m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

中国ではどんなIoTデバイスが流行ってるのか? – eMarketer

大したネタではありませんが。

中国では一体どんなIoTデバイスが流行ってるのか?という話。

情報源: Which Internet of Things Device Is Most Used in China? – eMarketer

中国のIoTデバイスでダントツはスマートTVだそうです。へぇ。
cited: eMarketer (http://www.emarketer.com/Article/Which-Internet-of-Things-Device-Most-Used-China/1013495)

日本ではいまいちブームになりきれていないスマートTVですが、中国ではこの統計を見る限り他をぶっちぎってますね。かなり離れた2位にスマートバンド。運動量とか心拍とかモニターするやつですね。これは割と日本でも来てますね。

さらに2020年までには93%の家庭にスマートTVが導入されるだろうという予測もあります。9割超!これは凄い数字。これはかなり期待できるプラットフォームになりそうですね。スマートホームのベースステーションとしてのスマートTVという構図が簡単に描けそうです。スマートTVを中心に、空調であるとか家の鍵であるとか、様々な可視化、コントロールができそうですね。

そうそう、サムスンがスマートTVをスマートホームの中心に据えるみたいな戦略を打ち出していましたよね。ひょっとすると中国市場をターゲットにした戦略なのかもしれませんね。ていうか、きっとそうなんでしょう。んー、日本のメーカーはその辺りどう認識しているのか知りたいところですね。何かわかればここで一報します。

ということで、簡単ですが今日はここまで。
みなさま良い週末を。
ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中国ではどんなIoTデバイスが流行ってるのか? – eMarketer
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です