m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

Googleがドローンで5Gテスト中 – News4C

さっき年が明けたと思ったらもう2月ですね。ほんと早い。

さて1月31日にこんなニュースがアップされていました。
Googleがドローンを使って5G接続を提供するかもしれないぜというニュースです。

ソース: Google’s Skybender Project Solar Powered Drones Could Provide 5G Internet – News4C

これ面白いですね。
1月27日に「IoTの普及にあと10年かかるワケ」というエントリーをアップしました。そこでは、あらゆるモノがインターネットに繋がるには、モバイル回線や衛星回線は便利だけどコストが高すぎる、という指摘が理由の一つとして挙げられていましたね。

Googleのこの取組はその辺りの懸念を一気に払拭するのでは?と期待せざるをえません。

具体的な詳細は明らかにされていませんが、プロジェクトSkybenderという名で、ニューメキシコ州にあるスペースポート・アメリカという、世界初の商用宇宙空港でテストを重ねているそうです。約1400平方kmという広大な敷地を借り受けて、そこで入念なテストをしているとか。そしてその土地は、あのバージン航空の Richard Branson氏の持ち物だとか。んー、何だろうこの期待感は。

IoT導入阻害要因のトップはセキュリティです。ただ、僕はこの辺それ程懸念していなくて、というのは、インターネットが普及しだした頃も同じこと言ってましたよね。そして今でも言われています。イタチごっこなんですが、インターネットは生活に欠かせないインフラとして完全に普及しましたし、インターネットの上で展開されるサービスも同様に、無くてはならないものです。

もちろんセキュリティをないがしろにするつもりは毛頭ありませんが、テクノロジーの進化で十分セキュアであると言って差し支えないと思っています。

それと同様に、IoTにおいてもセキュリティの懸念はテクノロジーの進化で解消されつつあります。例えば機器認証であるとかプロビジョニングであるとか、通信経路の暗号化であるとか。その辺りは時間の問題かな、なんて楽観しています。

しかし通信に関してはなかなかそうも言ってられないんじゃないでしょうかね。何せ通信事業は様々なレギュレーションによって保護されている産業ですし、いくらテクノロジーが進歩しても、時には政治的な解決方法が必要だったりするわけです。

そこにGoogleみたいな尖った企業が、ズボッと風穴を開けてくれたりしたら、面白いなぁなんて思うわけですね。Facebookもドローン飛ばしてインターネットに繋がるインフラ提供しようとしてましたよね。あれはどうなったんだろうか。うまくいってるのかな?

何はともあれ、Googleのドローン5G、期待したいですねぇ。ワクワクしますね。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Googleがドローンで5Gテスト中 – News4C
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です