m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

IoTが潤すアナタのLoveライフ | Tech.co

バレンタインデーの今日は、それに相応しいIoTネタをお届けしましょう。

下記リンク先のトップページには、職場で見るには少々注意が必要な画像が載っていますので、開く際はお気をつけて。

ソース: Let the Internet of Things Spice Up Your Love Life

IoTが私達の生活のあらゆる場面に入り込んできています。そして今日、性バレンタイン、もとい、聖バレンタインデーにはこんな刺激的なIoTデバイスが恋人たちを潤します。

BLUEMOTION

最初に紹介するのは BLUEMOTION という、アプリでコントロールするデバイス。女性のパンツに仕込んで、スマホでうにうに動かして遊ぶオモチャですね。何かこういうのエロビデオで見たことあります。ただこれは、スマホのアプリでコントロール可能という点でよりスマートなのである。

こういうアホらしいことは国境を簡単に超えるのだなぁと感慨深いです。はい次行きましょう、次。
あ、ちなみに「Blue」には英俗語で「エロい、ひわいな」みたいな意味があります。BLUE MOTION というネーミング、完璧ですね。

RealTouch

パンツがもぞもぞするなんてイヤ。だけどバレンタインデーなのに恋人とは離れ離れ。そんなあたなにはコレです。その名もRealTouch。リアルタッチ!
画像見てもらえれば大体想像つくと思いますが、要はこの「JoyStick」と呼ばれる「棒」と、「アノ穴」を模したデバイスの組み合わせがですね、双方ともインターネットに繋がっているわけです。で、それを互いに利用したカップルのフィーリングというか、動きというかそういうのが、インターネットを介して互いに伝わって、いい感じになるわけですね。すごい。どれくらいタイムラグがあるのか気になりますね。あれこっちは終わってるのに相手はまだまだいい感じ?みたいなのは避けたいですから。

遠恋中のカップルは使ってみたらどうでしょう?

LovePLAZ

これも遠恋カップル用遠隔性交補助具。こういう風に漢字で表現すると医療器具の一つなのかもしれないという錯覚が生まれます。保険きくかな?
日本語で詳しく説明してあるサイトがありますから、これを見てもらうのが早いと思います。
遠距離カップルに朗報、ネット経由で遠隔セックスできる大人のオモチャ | BuzzAp

当然これもネットに繋がるわけですから、何か一番ディープな部分の個人情報が漏洩する危険性があるわけですよね。恐ろしいというか恥ずかしい!カップルで利用している最中にハッキングされることもあり得ますね。あらいつもよりパワフルで長持ちしてるじゃない?素敵!なんて言われた日には、もう立つ瀬がありません。ハニー、それはハッカーなんだぜ。セキュリティには十分過ぎるくらい配慮して欲しいものです。

Pillow Talk

さてRealTouchとかLovePLAZみたいなデバイスを使って遠隔性交が終わりました。多分その最中はLINEとかで通話してるんでしょう。終わった途端に「じゃおつかれした〜」とか言って繋がりをぶった切るのはちょっと寂しいですよね。そんな時に使いたいのがこの Pillow Talk です。互いの手首に巻くタイプのウェアラブルデバイスが、脈をとります。脈データ。それを「ハートビート」として相手に送信し、枕の下に仕込んだスピーカーが、その心音を奏でるわけです。

赤ん坊なんかは心臓の音を聴かせると落ち着いたりするそうです。心音は人が自然と安心する種類の音なのかもしれませんね。そしてこのデバイスは、その心音を取得して送ることに特化したデバイスなわけです。ニッチにも程がある気がしますが、売り方が上手いですね。離れた恋人同士に使わせるなんて。

これ日本だったら、要介護のお年寄りとかに付けて、ちゃんと生きてるかどうか遠隔監視できます!とか、そんな用途に使われそうですよね。

というわけで、バレンタインの今日は、ちょっと艶っぽいIoTをご紹介しました。
ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - IoTが潤すアナタのLoveライフ | Tech.co
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です