m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

MWC2016で見つけたIoTのゴミ9つ

スペインで世界最大のモバイルショー、MWC (Mobile World Congress)が開催されています。
そのプレゼンテーションでIoTという言葉が出てこないことはほぼ無いくらい、IoTは今やモバイル分野でも主役級になりつつあるようです。それに乗じてIoTガジェットなんかも沢山展示されていました。行ってないですけど。

玉石混交のIoTガジェット。そこで、今日ははこの会場からワースト9のゴミIoTガジェットをご紹介します。

ソース: 9 Crappy Internet of Things Devices at MWC 2016

McAfee for Android Wear

実際ウェアラブルにマルウェアが仕込まれるのってなかなかハードル高いです。が、用心深いインテルはマカフィーを Android Wear watch に仕込みました。セキュリティの危険を知らせてくれたりします。ワオ。

Smart tape measure

メジャーですね。スマートな。朝起きてBluetooth接続できるメジャーが欲しい気分になったらラッキーです。だってコレがあるから。
韓国ベースのこの会社がスマートな計測を可能にしてくれますよ。しかもボイスメモ付き。測った長さはスマホに飛びます。電池が切れたら何も測れない!Cool!

UUBand – 子どもの全てをトラッキングする

子どものあらゆる活動をトラッキングできる革命がここにあります。どこにいるか、何を話しているのか。そしてアナタのスマホにデータが同期されます。これでアナタも立派なスパイですね。
価格不明、どこで買えるのかも不明。でも安心して下さい。間違いなく存在しています。

Fitbit for dogs

愛犬用 Fitbit。SKテレコムって書いてますね。韓国製です。デブ犬の体重コントロールができないアナタに朗報。わんちゃんの動きをしっかりトラッキングします。ただし防水仕様じゃありません。イヌがプール調教を好む場合トラッキングできませんから注意が必要です。

貧乏人向けグーグル・グラス(的なもの)
Google Glassなんて高くて買えないアナタに朗報です。ちっちゃくて低解像度な画面で色んな情報を投影してくれるスマートグラスがここにあります。スマートウォッチじゃ物足りない方、これも合わせて使ってみたらどうでしょう。

サムスンのタイムラグ付きインターネット対応冷蔵庫

冷蔵庫の中身確認して足りないものをすぐさま冷蔵庫で注文。コンセプトはこんな感じ。だから冷蔵庫にはあらかじめぎこちないスクロールと反応タイムラグが大きなタブレットを埋め込んでおきました。

グッドアイディアですね。でも何でまともなタブレットをマグネットとかで冷蔵庫に付けるんじゃダメなんでしょう?きっと何かあるんでしょうね。

LGの酔っぱらいマジックボット(ボール型)

こちらも韓国から。LGが自信を持ってお届けするマジックボットです。アナタが家にいなくても外からこれをコントロールして、ネコをじゃらしたりできます。遅いわ反応悪いわ、プロトタイプにしてもこれはちょっと。壁にぶつかる以外大したことできません。

スマートフェースマスク

ちょっとモヤモヤしてるんですが、オンボードマイクロチップ、アンビエントなライト、そして電脳エンタメ機能付きで、体温まで計測してくれます。
これをつけるとよく寝られるのかどうか分かりませんが、Bluetoothの電波をいつも頭のそばに置いて寝たくはないかな。

Bluetooth対応イヌの首輪

公園で一番イケてる飼い主になりたいならコレです。Neopop首輪を使えばペットの首の周りに何と好きなメッセージを表示させることができるんですよ。何で?とか聞かないで!
バッテリーの持ちは20時間。Micro USBで充電可能。極めてアホらしいです。

というわけで、韓国製多い気がしますね。他意はありません。たまたまでしょう。
裾野が広がって参加者が増えれば、まぁ色んなアイディアが形になるものですからね。今はIoT過渡期なんでしょう。この辺がどんどん淘汰されていって、本当にいいモノが残る日もいつか来るでしょう。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MWC2016で見つけたIoTのゴミ9つ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です