m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

世界初、IoT銀行: 使い過ぎると電気ショックでお仕置きよ! – Information Security Buzz

ご無沙汰しておりました。
長いGWとGW明け直後のIoT/M2M展@東京ビッグサイトで、色々と大変でした。いや、長いGWは大変じゃなかったんですが。

休み明け一発目の記事は、「世界初のIoT銀行プラットフォーム」の紹介です。かなり面白い感じに仕上がってます。
恐らくまだコンセプトの段階で、実際の銀行には利用されていないと思いますが、今後ひょっとすると採用が進むかもしれません。特徴はこんな感じ。

  • Intelligent Environment 社によって開発された世界初のIoT銀行プラットフォーム
  • Nest(Googleのね)やPavlok(腕に巻くウェアラブル機器)といった機器が、銀行口座に紐付けられる
  • お金を使い過ぎると、腕に巻いたPavlokが電気ショックを与え、Nestが自動的に暖房の設定温度を下げる!
  • 詳しくはこの→ビデオ←見てね
  • 情報源: World’s first Internet of Things Bank Gives you an Electric Shock if You Spend too Much Cash – Information Security Buzz

    3番目とかちょっと怖いですよね。お金ってバーチャルな存在なので、いつの間にか意識せずにどんどん減っていきますよね。いつの間にか増えてることなんて決してないのに……。

    世界初のIoT銀行プラットフォーム
    Intelligent Environment社(以下IE社)の技術で、ユーザーはセキュアに銀行口座にアクセスすることができ、かつスマートデバイスも繋げることができます。そして繋がったデバイスは銀行口座の残高に応じて様々なアクションを起こすことで、ユーザーにお金の節約を促します。今のところ、NestとPavlokが既にインテグレートされています。

    Pavlok:電気ショックでお金の使いすぎを抑制
    結構ぶっ飛んだアイディアですよね。嫌いじゃないです。以下の4ステップで電気ショックを受けられます。
    1. まずユーザーの銀行口座にログイン(あるいはクレジットカード)
    2. Pavlokを繋いで金額リミットを設定する
    3. リミットに近づいてきたら、まずはケータイにノーティスが来る
    4. そしてリミットを超えると、お待ちかね、手首に電気ショックが走ります

    Nestサーモスタット: 自動的にヒーターの設定を変更してお金を節約
    お金の使いすぎを知らせてくれるのは電気ショックだけじゃありません。GoogleのNestもお知らせに一役買っています。リミットを超えると、(冬なら)ヒーターの温度設定を自動的に下げて暖房費の節約をしてくれます。イギリスでは暖房の設定温度を3度下げると、年間約255ポンドの節約になると言われているそうです。

    もうすぐオフィシャルリリース
    IE社は近いうちにこのイノベーティブなIoT銀行プラットフォームを正式リリース予定です。インテグレーションに関しても、もNestとPavlokだけじゃなく、IFTTTなんかが使えるようになるそうです。

    カギはやっぱりセキュリティ
    「バンク・グレード」のセキュリティが実装されているので安心だとか。スマホやPCなど、どんなデバイスでもがっちりセキュアに守られているので安心だと、IE社は言ってます。

    ユーザーの要望に応える
    イギリスの18歳〜24歳までの若者の3分の1は、銀行がきちんとしたデジタルツールを提供してくれればお金に苦労することは減るのに、と思っているそうです。IE社のエラい人は、今のような電子マネーとかキャッシュレスの世界においては、知らず知らずのうちにお金を使ってしまって、いつの間にか借金が膨らんでしまうという現象は、ある意味当然だと考えています。なので、こういったデバイスを繋げて使いすぎに注意を払うといったソリューションが必要だと主張します。おカネに対するコントロールを取り戻すことができるのです。

    また、NextやPavlokを使う使わないはユーザーの判断に委ねられています。しかし今のところPavlokの評判は上々のようです。電気ショックは少し弱くしたほうがいいかもしれませんがね。

    IoT界でトップクラスの影響力を持つとされる Alexandra Deschamps-Sonsino氏によると、このソリューションはお金までもが、モノのインターネット(IoT)の「モノ」として繋がる事が可能になる、スマートなアイディアだと述べています。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    お金までもが「モノ」としてインターネットに繋がるというコンセプトは、確かに面白いですね。実際にはお金ってバーチャルなものですからお金が繋がるというのはあり得そうにないですが、お金の増減というバーチャルな現象がリアルな世界にフィードバックされるというアイディアは、非常に面白いと思います。しかもその発露の仕方が電気ショックというのが、またファンキーでいいじゃないですか。

    果たして実際に採用に踏み切る銀行は出てくるのかどうか、注目ですね。
    あなたなら使ってみます?

    ではまた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 世界初、IoT銀行: 使い過ぎると電気ショックでお仕置きよ! – Information Security Buzz
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Share on LinkedIn

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です