m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞

日経新聞8月21日付の記事ですので、ちょっと紹介するタイミングが遅くなってしまいました。

工作機械大手のファナックが、機械学習やディープラーニングなどを中心とした技術開発に強みを持つ Preferred Networks 社に9億円の出資を決めました。

ソース: ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞

詳しくはファナックからのニュースリリースを御覧下さい。
ファナック株式会社および株式会社 Preferred Networks の資本提携に関するお知らせ …続きを読む «ファナック、ビッグデータ会社に出資:日本経済新聞»

By

ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT – 日本経済新聞

IoTやM2Mが有効な業界として真っ先に思い浮かぶのは、やはり製造業でしょうか。モノの可視化をすることでメンテナンスの効率化や、顧客との関係強化によって新たな販売機会を創造するなどというのが、典型的な利用方法でしょうか。

そのIoTがサービス業にも徐々に広がってきています、というのが本日の記事。

情報源: ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT

ディズニーワールドのIoTに関しては以前に少しご紹介しましたね。→こちら←です。マジックバンドと呼ばれるリストバンドを装着して、乗り物やレストランの待ち時間を短縮したり、あるいはディズニーホテルの鍵や迷子のトラッキング、おみやげの買い物にまで利用しようといったコンセプトでした。 …続きを読む «ディズニーが10億ドル投資 サービス業に広がるIoT – 日本経済新聞»

By

日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース

地味ですが、日本電産と日本IBMが日本電産グループのモーターを組み込んだ各種の生産設備・機器の予防保全や稼働率向上などに向けた取組を共同で開始したと発表しました。

情報源: 日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース

IoT、IBMとくれば、スマータープラネットとか、人工知能とか、ビジネスインテリジェンスとか、そんなのを思い浮かべると思いますが、そういうふわっとしたつかみどころの無いIoTではなく、もっと地に足のついたようなIoTの実例だと思います。

一方日本電産は、IoTを導入することで、より効率的なメンテナンスや予防保全などを実現し、サービス化を推進することで従来のモノ売りのビジネスから、ソリューション・ビジネスへの転換を図るといいます。 …続きを読む «日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース»

By

Huawei launches ‘internet of things’ operating system – FT.com

ファーウェイがIoT用のOSに参入。

情報源: Huawei launches ‘internet of things’ operating system – FT.com

通信機器最大手のファーウェイが、IoT機器向けのOS、「Lite OS」をリリースしました。

ファーウェイのサイトからの発表によると、世界で最も小さいサイズのIoT用OSであるとのことで、そのサイズは実に10KBほどだそうです。しかも設定不要で簡単に繋がるとか。何かすごいです。 …続きを読む «Huawei launches ‘internet of things’ operating system – FT.com»

By

ASCII.jp:Power BI無償化でビッグデータ戦略を強化するマイクロソフト

マイクロソフトがIoT/M2Mに相当力を入れてきていますよ。

Power BI無償化でビッグデータ戦略を強化するマイクロソフト

source: ASCII.jp:Power BI無償化でビッグデータ戦略を強化するマイクロソフト (1/2)

「ビッグデータ」といういわばバズワード化している現象ですが、一般にはまだ敷居が高いというのが現状で、実際にビッグデータ分析で効果を得ている企業は4.6%に過ぎないそうです。この裾野を広げる目的でこのPower BIをフリーミアム化する方向に舵を切ったとのこと。 …続きを読む «ASCII.jp:Power BI無償化でビッグデータ戦略を強化するマイクロソフト»