m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

検針 遠隔地から一括指導 – 日経産業新聞 8月25日付け

また日経産業新聞紙面から。

本日付の日経産業新聞6面、「デジタルBiz&Tech」に興味深い記事を見つけました。

ウェアラブルを活用して水道やガスメーターの検診業務を効率的に請け負うという作業を、三井物産グループであるアイヴィジット社が始めたとのこと。

メーターの検針作業の効率化という命題をIoT的に解いた時の模範解答は、スマートメーターの採用ということで異論は無いと思います。人がいちいち見て回らなくていいですし、もっと踏み込めば各家庭ごとの電気の使用を細かく制御できたりするわけで、スマートシティ化に不可欠なテクノロジーと言っても過言ではないかもしれません。

一方、この新聞記事のニュースでは、メガネ型端末のウェアラブルというIoT的機器を導入して、それを検針員に装着し、ウェアラブルの通信機能を活用して熟練した指導員が遠隔地から複数の現場の社員を効率的に指導するという、なかなか面白い使い方を紹介しています。 …続きを読む «検針 遠隔地から一括指導 – 日経産業新聞 8月25日付け»

By

スマートシティ:日本初の「水道」スマートメーター実証を開始 – スマートジャパン

これは何となく期待。

スマートシティ:水の使用量もITで“見える化”へ、日本初の「水道」スマートメーター実証を開始 – スマートジャパン (ソース:スマートジャパン)

NTT西日本、神戸市水道局、Sensus Japan、ミライト・テクノロジーズが共同で280MHz帯の広域無線ネットワークを利用して、水道メーターのスマート化の実証実験を開始するという発表がありました。 …続きを読む «スマートシティ:日本初の「水道」スマートメーター実証を開始 – スマートジャパン»

By

日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース

地味ですが、日本電産と日本IBMが日本電産グループのモーターを組み込んだ各種の生産設備・機器の予防保全や稼働率向上などに向けた取組を共同で開始したと発表しました。

情報源: 日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース

IoT、IBMとくれば、スマータープラネットとか、人工知能とか、ビジネスインテリジェンスとか、そんなのを思い浮かべると思いますが、そういうふわっとしたつかみどころの無いIoTではなく、もっと地に足のついたようなIoTの実例だと思います。

一方日本電産は、IoTを導入することで、より効率的なメンテナンスや予防保全などを実現し、サービス化を推進することで従来のモノ売りのビジネスから、ソリューション・ビジネスへの転換を図るといいます。 …続きを読む «日本電産と日本IBM、IoTに向けビッグデータ解析に共同で取り組み | マイナビニュース»

By

ディズニーワールドのIoT (DIS)

シスコシステムズが提唱するスマートシティ構想に、あのディズニーが乗っかった格好です。

How Disney World Does the Internet of Things (DIS).

テーマパークが「スマートシティ」化。一体どういうことなんでしょうか。

ウォルト・ディズニー社はマジックバンドと呼ばれるウェアラブル機器を開発し、ゲストの行動を可視化することでテーマパークのセキュリティの向上やユーザー体験の上質化などを実現するといいます。 …続きを読む «ディズニーワールドのIoT (DIS)»

By

さあ、このヘッドセットをつけて超能力者になろう | FUTURUS(フトゥールス)

ついこの間、友人と飲んでいたときに、こうなれって思うだけでリモコンみたいに何かをコントロールすることが現実になりつつあるんだよ、というような話をしました。それで今日はこんな記事から。

さあ、このヘッドセットをつけて超能力者になろう | FUTURUS(フトゥールス).

このデバイスは脳波をキャッチしてそれを脳から発信されたコマンドとして認識するヘッドセット。そのコマンドはBluetooth経由でスマホに送られます。そしてスマホのアプリからエアコンをつけたり、テレビのチャンネルを変えたりといったことが可能になります。これがあればもう、リモコンどこ行った?って騒がなくて済みますね。 …続きを読む «さあ、このヘッドセットをつけて超能力者になろう | FUTURUS(フトゥールス)»