m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

スマートシティ:横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通 – スマートジャパン

昨日、高校時代のひとつ上の先輩で、建築関係の仕事をしている方とお会いしました。
カンブリア宮殿に出ちゃったりして、その筋では有名人。だいぶ酔っ払ってロレツが回らなくなっていましたが。

不動産回りの深い知見をお持ちなので、今盛んに言われてるスマートホームとかってどう思います?という問いを投げかけたところ、「クソだね」というシンプルな回答でした。仰るとおり。ただしクソなのは、「ホーム」という場に限定しちゃうとってことです。今のはほとんどがただのリモコン2.0ですから。家がスマートたるには、それこそコミュニティ全体と調和して、日々の買い物、移動、あらゆる生活行動が全てうまく繋がって初めてスマートたりえるということ。それにはスマートシティ、もっと言うとスマート国家が実現される必要があります。

で、それっぽい取り組みが横浜で始まります。

ソース: スマートシティ:横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通 (1/3) – スマートジャパン

…続きを読む «スマートシティ:横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通 – スマートジャパン»

By

インダストリー4.0に関する情報をワンストップで提供するキュレーションメディア「Industry 4.0 Central」をリリース|株式会社クルーズのプレスリリース

Industry 4.0 Centralというサイトがローンチしたそうです。

情報源: インダストリー4.0に関する情報をワンストップで提供するキュレーションメディア「Industry 4.0 Central」をリリース|株式会社クルーズのプレスリリース

生のサイトはこちら

インダストリー4.0があちこちで取り沙汰されているとはいえ、なかなかのチャレンジではないでしょうかね。「チャレンジ」だと思う理由は2つほどあります。 …続きを読む «インダストリー4.0に関する情報をワンストップで提供するキュレーションメディア「Industry 4.0 Central」をリリース|株式会社クルーズのプレスリリース»

By

これを「IoT家具」と呼んでいいものか | TechCrunch Japan

これ、いいなぁ。

しかし、単にスマホとBTで繋がってスピーカーとして機能するテーブルをIoT家具と呼んでいいものかという疑問は大いにある。

ソース: 音楽を再生するIoT家具「SOUND TABLE」のKAMARQが約3.5億円を調達 | TechCrunch Japan

これをIoTホニャララと呼んでしまうと、Bluetoothで繋がるスピーカーとかイヤフォンもIoTデバイスになるのか。まぁそういう単機能なデバイスではなく、場所が変わるとそこの天気に合わせて雨音とか出してくれたりするそうなので、少しはIoTテイストがあると言えばあるかもしれないけど、無理矢理感は残る。

個人的にこれはIoTではないかな。欲しいけど。

ちょっと何でもかんでもIoTって言えばいいっていうもんじゃないよねと、IoT屋としては思ったりするわけです。

愚痴っぽくなりました、すみません。
ではまた。

By

ビッグデータがあって初めてAIは機能する、技術とビジネスの両面から見るAIの本質と影響:MarkeZine(マーケジン)

桜の開花が近づいてきましたね。
この季節になると、学生時代に井の頭公園でよく花見をしていたことを思い出します。いや、別に大したエピソードはありませんが。

当時付き合っていた彼女と、揃いの指輪を買いました。学生のくせに色気づいちゃって。遠距離恋愛でしたが、やはり離れていたことが災いしてか、彼女は地元の大学に通う学生と付き合うことになり結局別れることになりました。受け入れがたい事実と諦めきれない気持ちを断ち切るために、おそろいの指輪を僕は、井の頭公園の池に放り投げました。

今思えば中二病かとツッコみたくなる恥ずかしい話です。今の僕なら確実に売っぱらうのに!

さて今日はヤフーCSOの安宅氏の講演記事のご紹介。

ソース: ビッグデータがあって初めてAIは機能する、技術とビジネスの両面から見るAIの本質と影響 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

ビッグデータがあって初めてAIは機能するってのは、当たり前過ぎることなんですが、非常に興味深い内容です。 …続きを読む «ビッグデータがあって初めてAIは機能する、技術とビジネスの両面から見るAIの本質と影響:MarkeZine(マーケジン)»

By

現代のゴールドラッシュで大儲けできるのは誰?:ITpro

タイトルに惹かれて読み進めてみましたが、結局だれが大儲けできるかは分からない。
まぁそれが今のIoTなんでしょうね。

ソース: 山崎潤一郎のデジタル危険地帯 – IoT狂騒曲──現代のゴールドラッシュで大儲けできるのは誰?:ITpro

筆者は今のIoTを黎明期のBluetoothになぞらえているんですが、僕はむしろインターネットの黎明期の方が相応しいんじゃないかと思っています。

インターネット黎明期、90年代(出典は省きます。僕の独り言ということで)頃には、インターネットが企業に大きなインパクトを与えるだろうなどとは、ほとんど予測されていなかったといいます。しかし今ではインターネット無しでは行きていけない身体になってしまいました。 …続きを読む «現代のゴールドラッシュで大儲けできるのは誰?:ITpro»