m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

NSWが4日続伸、農業向けのM2M/IoTサービスを開始 | 個別株 – 株探ニュース

NSW (日本システムウェア) の調子がいいようです。

NSWが4日続伸、農業向けのM2M/IoTサービスを開始 | 個別株 – 株探ニュース.

IoTと農業という、ある意味鉄板となりつつある組み合わせのソリューションです。近頃飛ぶ鳥を落とす勢いのToamiをプラットフォームに、三井物産エレクトロニクスがスペインから引っ張ってきたハードウェアを組み合わせてスマート農業ソリューションに仕立てあげました。実際に売るのは誰なんでしょうか。NSWもMBELも商品として取り扱うんでしょうか? …続きを読む «NSWが4日続伸、農業向けのM2M/IoTサービスを開始 | 個別株 – 株探ニュース»

By

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース

農業&遠隔監視。

そろそろイチゴが店頭に並ぶ季節になってきました。
イチゴは熟してから収穫され出荷されるため、収穫時期と出荷時期がほぼ同じだそうです。クリスマスケーキなんかの需要が多いためか、店頭に並ぶのは冬というイメージがありますが、本来の旬は春先くらいだそうですよ。

日本には「あまおう」とか「とちおとめ」などの有名なブランドイチゴが多くあります。そんな栽培ノウハウを活かし商品価値の高いイチゴを海外でも作ろうという狙いです。

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース. …続きを読む «NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース»

By

ヤンマー、農機修理にビッグデータ活用  :日本経済新聞

ヤンマーが農機に「スマートアシスト」と呼ばれる遠隔監視システムを使ってビッグデータを活用し、メンテナンスの領域で効果を上げています。
こういった遠隔監視の実装は、コマツのKOMTRAXに代表されるように建設機械ではほぼデファクトとなっていますが、農機への適用はまだまだこれからといった状況です。その意味でヤンマーの取り組みは農業におけるM2Mとしてはかなり先行している事例だと言えると思います。

驚きの迅速対応 ヤンマー、農機修理にビッグデータ活用  :日本経済新聞.

日経新聞の記事のタイトルにあるように、メンテナンス対応を迅速に行えるという、いわゆる遠隔監視の教科書通りの使い方や盗難防止にも役立つという特長はもちろんですが、ここでは以下の3点に注目してみたいと思います。

  1. 顧客(エンドユーザー)との関係性の強化
  2. データ主導型の提案活動が可能
  3. 既存メンテナンス事業者との共存の可能性

…続きを読む «ヤンマー、農機修理にビッグデータ活用  :日本経済新聞»

By

小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders

M2Mの活用が大きく期待される市場の一つが農業です。

この背景としては、農業人口の高齢化に伴って今後就農人口が減少することが予想される中で、いかにシステマチックに農業を支えていけるかが、大きな課題になっていることが挙げられます。

小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders.

M2Mの活用の代表的なものは、いわゆる遠隔監視によるメンテナンスの最適化や、アセットのトラッキング等がありますが、 …続きを読む «小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders»

By

ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan

近頃は農業の分野でもM2Mを活用する事例が増えてきています。いわゆるスマート農業とか、スマートアグリなどと言われる事が多いかと思います。そのターゲットは例えば農機の遠隔監視もあれば、土壌の監視、ビニールハウスの温度監視、収穫物の栄養素のチェック等々多岐に渡ります。

あまりIT化とは縁の無さそうな、アナログな印象のある農業分野ですが、よく考えてみるとこの分野こそIT化が必要な分野なのかもしれません。
今農業が直面している問題としては

  • 高齢化による就農人口の減少
  • 肥料による環境汚染
  • こういった問題を解くには、IT、中でもM2Mというのは最適かもしれません。
    今日紹介するのは、問題山積の農業をICTを活用して解決しようとする、ルートレック・ネットワークス社のソリューション。

    ITやM2M、クラウドで農業を変革–ルートレック・ネットワークスの挑戦 – CNET Japan.

    …続きを読む «ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan»