m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。いつもM2M講座をご覧いただいていましてどうもありがとうございます。

みなさんにとって2014年はどのような年でしたでしょうか。

今回は、M2M Masterから見たM2M業界の10大ニュースを記載したいと思います。日本国内のニュースから5件と海外からのニュース5件で合わせて10件になっています。

まずは国内の5件から。今年は国内のM2M業界にとって、大きな発展を遂げた年だと思っています。そこから厳選しました5件のニュースをご覧ください。


[国内の動向から]
1. M2M市場がついに「立ち上がる」、商談は活況、展示会やセミナーも大盛況
日本のM2Mの業界において、2014年は大きな飛躍の年となったと言える。これまで10年以上の間、「もうすぐM2Mの時代がやってくる」と言われ続けてきたが、これまではその期待に応えるほどの飛躍的な普及の拡大は実現してこなかった。しかし2014年こそがその飛躍の年の始まりであると思われる。実はこの動きは海外では2011年ころから起こっていて、日本では3年遅れで波及してきたというのが実状である。
これは2013年後半から見られた傾向であるがM2Mの商談の数が非常に増えてきた。それだけM2Mの導入を検討している企業が増えているのである。
…続きを読む «M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース»

By

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」

「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」――米HP バイスプレジデント スライター氏 | ビジネスネットワーク.jp

M2Mの実用化などで、今通信を取り巻くビジネスが大きく変わろうとしています。米HPバイスプレジデントのスライター氏によれば、「クラウド」と「ビッグデータ」が通信キャリアの収益創造の鍵を握っています。

激増するトラフィックを捌くための投資に見合った収益が上げにくくなってきている通信キャリアのビジネスに対し、3つのポイントを上げて、どう収益に結びつけていくのかというビジョンを示しています。 …続きを読む «「キャリアの収益拡大の鍵はクラウドとビッグデータ」»

By

M2Mクラウド6社を比較!|ソフトバンク ビジネス+IT

M2Mクラウド6社を比較!M2Mの最新動向を理解する4つの技術的変化とマシンデータの企業活用術 競合優位性を持つエコシステムを構築する|ソフトバンク ビジネス+IT.

M2Mクラウド6社を比較とあったので期待したけど、実際はいわゆるM2Mクラウドをズバリ提供しているSIが3社(NEC、NTTD、富士通)。それに加えてアプリケーションを提供するAxeda、そしてデバイスの2社(ルートレック・ネットワークス、Digi)というラインナップである。

Axedaのアプリケーションはいいとして、ここにデバイスを入れて同じ基準で比較ってできるんだろうか?それなら、日本ではCTCが販売・サポートしている deviceWISE あたりを入れるといい比較ができると思うんだけど、どうだろう?

それはそれとして、昨今のM2Mで集められるデータの特徴についてこのように書いている。 …続きを読む «M2Mクラウド6社を比較!|ソフトバンク ビジネス+IT»

By

NEC、CEPで新技術 – ZDNet Japan

またNECからM2M絡みのニュースですよ。

NEC、CEPで新技術–複雑なルールにも対応、スケールアウトしやすく – ZDNet Japan

NECは9月19日、複合イベント処理(CEP)で新技術を開発したと発表した。人手を介さずに機器や端末同士が情報を処理するM2M(Machine to Machine)ソリューション「CONNEXIVE」の機能として2013年3月末までに提供する予定だ。
ZDNet Japan

M2Mに関してはすごい頑張ってますね、NEC。あ、m2mboxの中の人は別にNEC関係者じゃありませんよ、念のため。 …続きを読む «NEC、CEPで新技術 – ZDNet Japan»