m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

What’s M2M?

M2Mってなんだろう

ここ最近、M2Mという言葉がバズワードとして大いに注目を集めています。

M2Mとは何なのか、M2Mで僕らの社会がどう変わるのかを、自分の知識を整理する意味でも、できるだけ分かりやすくまとめてみたいと思います。

まず言葉の定義として、ウィキペディアではM2Mは以下のように紹介されています。

M2M(エムツーエム、Machine-to-Machine または Machine-to-Management の略)とは、コンピュータネットワークに繋がれた機械同士が人間を介在せずに相互に情報交換し、自動的に最適な制御が行われるシステムを指す。
ウィキペディア

あらゆるモノがネットワークにつながり、「いつでも、どこでも、だれでも」がコンピュータ技術によってもたらされる恩恵を受けることができるユビキタス社会を実現するためにに、無くてはならない技術がM2Mと言えるでしょう。

M2Mという概念自体は特に新しいものではありませんが、実用化に漕ぎつけるには、通信技術・機器の発達やセンサーネットワーク、情報処理システムの高度化等を待たなければなりませんでした。世の中に数多ある機械同士を通信させるわけですから、そのデータ量や通信トラフィックにかかる負荷は相当大きなものになるでしょう。それらを正確かつ高速に処理できる通信インフラと情報処理システムが、ようやく手の届くものになってきたというわけですね。

M2Mってどんなところで使われるんだろう

そんなM2Mですが、実際に利用されている場面、今後利用が期待される場面は多岐に渡ります。東京大学先端科学技術研究センター教授で新世代M2Mコンソーシアム会長を務める森川博之氏の言葉を借りると、

いかに(How)M2Mを実現するかではなく、M2Mで何を(What)を実現するのかというストーリーを第一に考えて取り組むことが重要

であるといいます。

Howの部分であるモバイル端末やセンサーなどは、既に成熟しコモディティ化しているものもあります。またそれらによって収集されたデータを運ぶためのネットワーク環境もまた十分に成熟しているといっていいでしょう。そういった環境が整った今こそ、M2Mを手段として「何を」実現するのかというストーリーを語ることが重要ではないでしょうか。これは取りも直さず、もうちょっと手を伸ばせば届きそうな未来に思いを馳せ、そしてデザインすることに他ならない事かも知れません。

具体的には、各地に散らばっている工場の機械を本社で集中的に管理したいとか、荷物の集配の際にリアルタイムでトラックの位置を確認して、最適な車両を最適なルートで派遣したいとか。あるいは、建造物の劣化具合を遠隔地からリアルタイムで監視して、大事が起きる前に補修できるようにしたいとか。子どもの安全を守ることだってできるかも知れません。このように、例を挙げればきりがないくらい、M2Mの応用範囲は広いのです。

M2Mってどうやったらできるの

BCN Bizline 業界マップによればM2Mの市場はM2M型サービスのインフラ基盤となる(1)プラットフォーム、(2)アプリケーションサービス、(3)ネットワーク、(4)モバイル端末などM2M対応のデバイス──という四つの分野で構成されおり、中でも(2)アプリケーションサービスが順調に伸びていて、4つの分野の中でも大きな割合を占めています。M2Mで「何を」実現するのかというまさにその部分ですね。

次に注目されている分野としては、大手SIのNECなどでもスタートを急いでいる、M2Mプラットフォームでしょうか。プラットフォームを制するものがその分野を制するという法則は、M2Mの市場でも成り立つのかどうか、注目したいと思います。

本コーナーでは、これからそれぞれの分野についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

  • プラットフォーム(準備中 – 2012/9/1)
  • アプリケーション(準備中 – 2012/9/1)
  • ネットワーク(準備中 – 2012/9/1)
  • デバイス(準備中 – 2012/9/1)
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - What’s M2M?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です