m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。いつもM2M講座をご覧いただいていましてどうもありがとうございます。

みなさんにとって2014年はどのような年でしたでしょうか。

今回は、M2M Masterから見たM2M業界の10大ニュースを記載したいと思います。日本国内のニュースから5件と海外からのニュース5件で合わせて10件になっています。

まずは国内の5件から。今年は国内のM2M業界にとって、大きな発展を遂げた年だと思っています。そこから厳選しました5件のニュースをご覧ください。


[国内の動向から]
1. M2M市場がついに「立ち上がる」、商談は活況、展示会やセミナーも大盛況
日本のM2Mの業界において、2014年は大きな飛躍の年となったと言える。これまで10年以上の間、「もうすぐM2Mの時代がやってくる」と言われ続けてきたが、これまではその期待に応えるほどの飛躍的な普及の拡大は実現してこなかった。しかし2014年こそがその飛躍の年の始まりであると思われる。実はこの動きは海外では2011年ころから起こっていて、日本では3年遅れで波及してきたというのが実状である。
これは2013年後半から見られた傾向であるがM2Mの商談の数が非常に増えてきた。それだけM2Mの導入を検討している企業が増えているのである。
…続きを読む «M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース»

By

M2M講座 第6回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(3)

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。
前回から少し時間が空いてしまいました。前回はコラムということでちょっと本筋から外れた文章を書きましたが、今回は元に戻ってM2M業界の発展の歴史の解説を行ないたいと思います。

前回の講座はこちらになります。
また、M2M講座の目次はこちらになります。


5. 大手ITベンダーがM2Mのシステムインテグレーションに参入

私が国内キャリアのM2Mサービス企画部門にて働きだして、だいたいM2Mのサプライチェーンの構造がわかってきた2007~2008年においては、まだM2Mのシステムインテグレーションを手がける企業の姿が明確化されてはいませんでした。

そのころの状況は、以下のような状況でした。

安川情報システムやサンデン、村田機械などという会社はM2M業界ではよく知られた会社であり、またそれらは会社そのものの業態としてはシステムインテグレータと言える企業でした。しかしそれらの会社は、どちらかというと端末装置のメーカとして知られていて、サーバ側のアプリケーションから通信サービス、通信端末をトータルソリューションとして提供するというアピールはその時点ではあまりなかったと記憶しています。

またユーピーアールは、サーバアプリと通信端末で構成されるソリューションがソフトバンクモバイルのホームページで紹介されるという状況になっていて、これはこの組み合わせでトータルソリューションとして機能するという意味で先駆的な取り組みだったといえるでしょう。

…続きを読む «M2M講座 第6回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(3)»

By

M2M講座 第5回 – [コラム]電子部品商社と日本の製造業を語る

今回は、講座の流れからは外れまして、「コラム」としてM2M業界の発展において大きな役割を果たした電子部品商社についての解説を記載いたします。
M2M講座の目次はこちら、前回の講座はこちらに掲載されています。

[コラム1] 電子部品商社と日本の製造業

私は、現在は海外企業の一員として外国人に囲まれて日々の業務を行なう身であるが、日本の電子機器メーカが海外製の部品を調達する際に、電子部品商社を介在させることについて、そもそもなぜそのようなことをするのかが外国人にはまったく理解されなかったという経験がある。すなわち、この風習は日本企業特有のものなのだ。このコラムでは、日本の電子部品商社の役割を確認するとともに、このモデルが日本の製造業にどのような影響を与えているかを考察することとしたい。

まず国内の電子機器メーカが海外製の電子部品を購入する際に果たす電子部品商社の役割についてまとめたい。
・物流に関する商習慣の違いの吸収
・契約上のリスクの回避
・通貨の為替レートに関するリスクの回避
・輸出入手続きの実施
・品質保証や有害物質含有に関する国内企業特有要件への対応
・部品を組み込む際の開発サポートや周辺機器の提供
・取引口座の新設の回避 …続きを読む «M2M講座 第5回 – [コラム]電子部品商社と日本の製造業を語る»

By

セミナーレポート:「アフターマーケット・ソリューション・セミナー in東京」

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。

いつもM2M講座をご覧いただきましてありがとうございます。(M2M講座の目次はこちら

本日は、クオリカ株式会社が主催した「アフターマーケット・ソリューション・セミナー in東京」というセミナーに参加しましたので、そのレポートを記載させていただきます。

アフターマーケット・ソリューション・セミナー in東京の演目はこちらのサイトに記載されています。
http://www.qualica.co.jp/event/20141126.html

クオリカ株式会社は、同様の内容のセミナーを11月27日(木)に大阪で、28日(金)には名古屋で開催するようです。

…続きを読む «セミナーレポート:「アフターマーケット・ソリューション・セミナー in東京」»

By

M2M講座 第4回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(2)

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。
今回は前回から引き続き、M2M業界の発展の歴史について解説します。

前回の講座はこちらになります。
また、M2M講座の目次はこちらになります。

3. メーカブランドで販売される通信モジュールの登場
2007年10月1日、世界でトップシェアの通信モジュールメーカであるシーメンスが帝国ホテルでプレスイベントを行ない、日本に支社を設立して日本の機器メーカに通信モジュールの販売を開始することをリリースしました。また、その際には日本で発売される通信モジュールはソフトバンクのネットワークに接続する許可を得ていることが説明され、ソフトバンクの副社長も会見に同席して両者のアライアンスをアピールしていました。そこで発表されたビジネスモデルは、通信キャリアであるソフトバンクが通信モジュールを販売するのではなく、シーメンスが直接販売するという、日本にはこれまでなかったモデルでの供給形態であることが説明されました。(シーメンスの通信モジュール部門はその後シンテリオンという社名で独立し、さらにその後はSIMカードのトップメーカであるジェムアルトという企業に買収され、現行ではジェムアルト社の一部門としてシンテリオンというブランドで通信モジュールを提供するという状況になっています。本稿ではこの状況も踏まえたうえでシンテリオンと呼ぶことにします。)

このプレスイベントの様子は、こちらこちらのニュースサイトの記事で見ることができます。
また、この直後の時期に、PCに携帯通信に対応した通信モジュールを搭載して、モバイル環境でPCからの携帯網経由のデータ通信を実行できるようにするというビジネスが現れました。NTTドコモはシエラワイヤレスやオプションワイヤレスという海外メーカの通信モジュールがNTTドコモを経由せずにPCメーカに販売されて、そのような形で通信モジュールが搭載されたPCに対して通信サービスを提供するというモデルを新たに創出されました。 …続きを読む «M2M講座 第4回 – 日本のM2M業界の歴史を考察する(2)»