m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

コマツがTelestraと3年契約締結 – Mobile World Live

建設機械のコマツがオーストラリアのTelestraをチョイス

Australia’s largest operator Telstra has a signed a $23 million contract with Komatsu to manage the mining and construction equipment manufacturer’s core telecoms services and M2M strategy.

情報源: Telstra signs 3-year M2M deal with KomatsuMobile World Live

音声サービス、データサービス、そしてクラウドを含むM2Mサービスは、3年で2,300万ドル、約28億円ほどの規模になるとのことです。現在700以上も稼働している鉱山機械で、遠隔監視などを実現するとのこと。コマツといえばマイニングサイトで無人機などをいち早く稼働させていることでも有名ですよね。マイニングマシンは言ってみれば採掘工場の工作機械みたいなものです。少しでも稼働が止まったりすれば大きな損害が発生しますから、障害を未然に防ぐために徹底的な予防保全が必要とされるわけです。

しかしマイニングサイトなんて、殆どの場合へんぴなところにありますから、セルラー通信が入らないケースも多々あります。その辺りは、さすが元国営のTelestra、圧倒的なカバー率で他社よりも大きなエリアをサポートするのでしょう。推測ですが。ひょっとすると衛星も使われるのかもしれませんが、この記事からはそこまでは分かりませんね。 …続きを読む «コマツがTelestraと3年契約締結 – Mobile World Live»

By

コマツ、GEとビッグデータ提携 鉱山を効率運営:日本経済新聞

少し時間が経ってしまったんですが、これを紹介しないわけにはいきませんものね。

コマツ、GEとビッグデータ提携 鉱山を効率運営:日本経済新聞.

M2Mの世界では必ずといっていいほどお手本として語られる遠隔監視システム、KOMTRAXを作り上げた建設機械のコマツが、ビッグデータの解析でGEと提携です。主に世界の鉱山で生産設備の稼働データなどを共同で分析するとのこと。 …続きを読む «コマツ、GEとビッグデータ提携 鉱山を効率運営:日本経済新聞»

By

コマツ、ドローン活用で建設現場の自動化を一気に促進 – WSJ

建設機械のコマツが面白いことやってます。

コマツ、ドローン活用で建設現場の自動化を一気に促進 – WSJ.

建設機械のM2Mというのはあまりにも定着しすぎていて、これといってニュースになるようなことが無かったりします。しかしそこはさすがコマツ。ダントツに面白い事考えますね。ドローン(無人飛行機)を飛ばして建設作業現場の効率化を図ります。

具体的にはドローンを飛ばして上空から作業現場をスキャンして、それを元に地形の3Dモデルを制作します。そしてコマツの無人ブルドーザーや掘削機等の建設機械からその地形データを利用して、作業計画を自動的にこなしていくというもの。 …続きを読む «コマツ、ドローン活用で建設現場の自動化を一気に促進 – WSJ»