m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース

農業&遠隔監視。

そろそろイチゴが店頭に並ぶ季節になってきました。
イチゴは熟してから収穫され出荷されるため、収穫時期と出荷時期がほぼ同じだそうです。クリスマスケーキなんかの需要が多いためか、店頭に並ぶのは冬というイメージがありますが、本来の旬は春先くらいだそうですよ。

日本には「あまおう」とか「とちおとめ」などの有名なブランドイチゴが多くあります。そんな栽培ノウハウを活かし商品価値の高いイチゴを海外でも作ろうという狙いです。

NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース. …続きを読む «NECソリューション、インドのイチゴハウスを国内で遠隔監視するシステム | マイナビニュース»

By

小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders

M2Mの活用が大きく期待される市場の一つが農業です。

この背景としては、農業人口の高齢化に伴って今後就農人口が減少することが予想される中で、いかにシステマチックに農業を支えていけるかが、大きな課題になっていることが挙げられます。

小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders.

M2Mの活用の代表的なものは、いわゆる遠隔監視によるメンテナンスの最適化や、アセットのトラッキング等がありますが、 …続きを読む «小松市農協、トマト栽培技術の底上げにM2Mを活用開始 | IT Leaders»

By

ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan

近頃は農業の分野でもM2Mを活用する事例が増えてきています。いわゆるスマート農業とか、スマートアグリなどと言われる事が多いかと思います。そのターゲットは例えば農機の遠隔監視もあれば、土壌の監視、ビニールハウスの温度監視、収穫物の栄養素のチェック等々多岐に渡ります。

あまりIT化とは縁の無さそうな、アナログな印象のある農業分野ですが、よく考えてみるとこの分野こそIT化が必要な分野なのかもしれません。
今農業が直面している問題としては

  • 高齢化による就農人口の減少
  • 肥料による環境汚染
  • こういった問題を解くには、IT、中でもM2Mというのは最適かもしれません。
    今日紹介するのは、問題山積の農業をICTを活用して解決しようとする、ルートレック・ネットワークス社のソリューション。

    ITやM2M、クラウドで農業を変革–ルートレック・ネットワークスの挑戦 – CNET Japan.

    …続きを読む «ITやM2M、クラウドで農業を変革 – CNET Japan»