m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。いつもM2M講座をご覧いただいていましてどうもありがとうございます。

みなさんにとって2014年はどのような年でしたでしょうか。

今回は、M2M Masterから見たM2M業界の10大ニュースを記載したいと思います。日本国内のニュースから5件と海外からのニュース5件で合わせて10件になっています。

まずは国内の5件から。今年は国内のM2M業界にとって、大きな発展を遂げた年だと思っています。そこから厳選しました5件のニュースをご覧ください。


[国内の動向から]
1. M2M市場がついに「立ち上がる」、商談は活況、展示会やセミナーも大盛況
日本のM2Mの業界において、2014年は大きな飛躍の年となったと言える。これまで10年以上の間、「もうすぐM2Mの時代がやってくる」と言われ続けてきたが、これまではその期待に応えるほどの飛躍的な普及の拡大は実現してこなかった。しかし2014年こそがその飛躍の年の始まりであると思われる。実はこの動きは海外では2011年ころから起こっていて、日本では3年遅れで波及してきたというのが実状である。
これは2013年後半から見られた傾向であるがM2Mの商談の数が非常に増えてきた。それだけM2Mの導入を検討している企業が増えているのである。
…続きを読む «M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース»

By

AT&T がGSMA準拠のeSIMをリリース | M2M World News

AT&Tから、いわゆるe-SIMの商用化のニュースです。AT&Tによると、GSMAの仕様に準拠したものとしては世界初とのことです。

AT&T Launches Enhanced Global SIM Designed To Meet GSMA Specifications For M2M And Connected Device Manufacturers | M2M World News.

2014年6月27日にNTTドコモからM2M機器向けeSIMの提供を開始というアナウンスがありましたが、これはGSMAに準拠していないんでしょうか。

ちょっとその辺りはよく分からないのでそっとしておきますが、AT&Tとドコモの共通点としては、両社ともJasperのプラットフォームを利用しているという点でしょうか。つまりグローバルでキャリア間のプロファイルを書き換えるのに必要な機能は、恐らくJasperが用意しているということですね。恐らくと言うか確実に。 …続きを読む «AT&T がGSMA準拠のeSIMをリリース | M2M World News»

By

ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan

ドコモから eSIM 商用化のニュースです。

ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan.

まずそもそも eSIM (Embedded SIM) とは何ぞやというところから簡単に説明しておきます。
GSMA (GSMアソシエーション)という業界団体が策定しようとしている規格で、ざっくり言うと OTA (Over The Air) でSIMカードに通信事業者のIDを書き込むことができるというものです。つまり製造段階でSIMを挿入してもそのSIMはまだどこの回線を掴むのか決まっておらず、利用される段階になってから現地の通信事業者のプロファイルを、遠隔地から書き込めるというもの。 …続きを読む «ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ–海外の通信事業者でも使用可能 – CNET Japan»