m2m box

M2M/IoTの情報プラットフォーム

By

M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース

みなさん、こんにちは。M2M Masterです。いつもM2M講座をご覧いただいていましてどうもありがとうございます。

みなさんにとって2014年はどのような年でしたでしょうか。

今回は、M2M Masterから見たM2M業界の10大ニュースを記載したいと思います。日本国内のニュースから5件と海外からのニュース5件で合わせて10件になっています。

まずは国内の5件から。今年は国内のM2M業界にとって、大きな発展を遂げた年だと思っています。そこから厳選しました5件のニュースをご覧ください。


[国内の動向から]
1. M2M市場がついに「立ち上がる」、商談は活況、展示会やセミナーも大盛況
日本のM2Mの業界において、2014年は大きな飛躍の年となったと言える。これまで10年以上の間、「もうすぐM2Mの時代がやってくる」と言われ続けてきたが、これまではその期待に応えるほどの飛躍的な普及の拡大は実現してこなかった。しかし2014年こそがその飛躍の年の始まりであると思われる。実はこの動きは海外では2011年ころから起こっていて、日本では3年遅れで波及してきたというのが実状である。
これは2013年後半から見られた傾向であるがM2Mの商談の数が非常に増えてきた。それだけM2Mの導入を検討している企業が増えているのである。
…続きを読む «M2M Masterの2014年M2M業界10大ニュース»

By

ビッグデータへの取り組み「気象データを防災に生かせ!」 | ビジネスネットワーク.jp

さてM2Mと言えばやっぱりビッグデータに繋げていくのが主流ですよね。

あちこちに張り巡らされたセンサーから集まってくるデータの量は、膨大になります。その膨大なデータをどう活かすのかというテーマは今後M2Mを考える時に、必ず考慮しなければならないトピックになるんじゃないでしょうか。

そこでこれ。

NTTドコモのM2M/ビッグデータへの取り組み「気象データを防災に生かせ!」 | ビジネスネットワーク.jp.

NTTドコモのM2Mがビッグデータに取り組んでいます。 …続きを読む «ビッグデータへの取り組み「気象データを防災に生かせ!」 | ビジネスネットワーク.jp»

By

NTTドコモがコンテンツ配信やM2Mの海外展開を強化

7月14日付の、ちょっと古いニュースですが気になったのでピックアップしておきます。

NTTドコモの加藤薫社長は2012年7月12日、日経コミュニケーションのインタビューに応じ、コンテンツ配信やM2M(Machine-to-Machine)のプラットフォーム事業で海外展開を強化し、2011年度に両分野で200億~300億円の売上高を「2015年度に1000億~2000億円に伸ばす」との方針を明らかにした。
日本経済新聞

…続きを読む «NTTドコモがコンテンツ配信やM2Mの海外展開を強化»