コマツがTelestraと3年契約締結 – Mobile World Live

建設機械のコマツがオーストラリアのTelestraをチョイス

Australia’s largest operator Telstra has a signed a $23 million contract with Komatsu to manage the mining and construction equipment manufacturer’s core telecoms services and M2M strategy.

情報源: Telstra signs 3-year M2M deal with KomatsuMobile World Live

音声サービス、データサービス、そしてクラウドを含むM2Mサービスは、3年で2,300万ドル、約28億円ほどの規模になるとのことです。現在700以上も稼働している鉱山機械で、遠隔監視などを実現するとのこと。コマツといえばマイニングサイトで無人機などをいち早く稼働させていることでも有名ですよね。マイニングマシンは言ってみれば採掘工場の工作機械みたいなものです。少しでも稼働が止まったりすれば大きな損害が発生しますから、障害を未然に防ぐために徹底的な予防保全が必要とされるわけです。

しかしマイニングサイトなんて、殆どの場合へんぴなところにありますから、セルラー通信が入らないケースも多々あります。その辺りは、さすが元国営のTelestra、圧倒的なカバー率で他社よりも大きなエリアをサポートするのでしょう。推測ですが。ひょっとすると衛星も使われるのかもしれませんが、この記事からはそこまでは分かりませんね。 …続きを読む «コマツがTelestraと3年契約締結 – Mobile World Live»